[マカナサプリ/薬局]市販の葉酸サプリの選び方

妊活に活用できるサプリメントには様々なものがあり、コンビニや薬局で気軽に買えるものもます。葉酸サプリもその中の一つで店頭で販売されているため簡単に安価で入手することが出来ます。ただ、市販品のサプリメントには添加物が多く含まれているものもあり、妊活するにあたって身体に悪影響を及ぼす場合があります。市販の葉酸サプリを選ぶ際、1日に必要な葉酸の推奨量がとれるかどうか?葉酸以外の妊活に必要な栄養素も配合されているかどうか?が選び方のポイントです。葉酸は血液を作ったり細胞の成長を促す効果があり、妊婦さんの貧血予防・胎児の成長を助けるや先天性異常のリスクを下げる作用があります。また、妊娠中に摂取すべき栄養素は葉酸だけが重要なわけではありません。葉酸は単体では効率よく作用しないので、吸収をサポートしてくれるビタミン類などの栄養素も重要です。ビタミンだけでなく妊活にはカルシウム・鉄分ん・亜鉛・様々な栄養素が必要です。葉酸サプリを選ぶ際に、妊活に必要なほかの栄養素もバランスよく含まれているかどうかチェックすることで、複数のサプリを購入するのではなく一つのサプリだけで栄養を補うことが出来ます。一つのサプリに絞ることで、継続しやすく、サプリメントを購入する際のコストも抑えることが出来ます。マカナサプリは妊活サプリとして、葉酸だけでなく妊活に必要な栄養素を栄養士が考えバランスよく配合してあるので、市販されているサプリを購入するより、おすすめなのです。

 

危険な添加物の有無をチェック

妊活サプリを購入するときには含まれている栄養素だけでなく、含まれている添加物にも気をつけて購入することも大切な選び方です。市販されている妊活サプリの多くには添加物もたくさん含まれているものも多く添加物の成分の中には妊活するにあたって妊娠中の女性や胎児にとって危険な影響を及ぼす可能性があるものや発がん性のリスクのあるものがあります。妊活効果が高いからと言って添加物が多いサプリメントを選んで身体的な危険が高まっては元も子もありません。妊活サプリを選ぶときは、無添加のものや安全な添加物を使っているものを選びましょう。添加物はもともと食品に含まれているものもあるのですべてが危険というわけではありませんが、不要なものも多く、着色料・香料・人工甘味料などは避けたほうがいいです。妊活サプリを選ぶときは、添加物の有無や最も多く配合されている成分を確認するようにしましょう。マカナは香料・着色料・保存料・酸味料・甘味料・増粘安定剤はすべて未使用で無添加にこだわり、安全にも配慮がされています。

保存料の有無

着色料は食品に色をつけ彩りを良くする目的で使用される食品添加物の一緒です。着色料には石油由来のタール系色素から作られる人工着色料と虫を原料に作られる天然着色料があります。人工着色料は発がん性やアレルギー反応、不妊といった人体に危険な影響を及ぼすことが分かっています。また、天然着色料も安全と

 

すは言い切れず、アレルギー症状の可能性が示唆されています。市販されている妊活サプリのなかにも着色料を使用しているものもあり、特に人工着色料は不妊という明らかに妊活に悪影響を及ぼす成分なので、妊活サプリを選ぶ際の選び方として裏面の表示を確認し着色料不使用のものを選んだほうがよいでしょう。

 

香料の有無

香料は食品ににおいを付ける目的で使用される添加物の事で、寒天やガムなど無臭の食品に香りを付けるためと、食品の製造や加工する過程で着いたにおいを隠す、または香りを強めたりする目的で使用されます。香料には植物や動物を原料として抽出した天然香料と食品が本来持っている匂いに近づけるために化学物質を調合して作られる合成香料があります。市販のサプリも飲みやすくするためや、匂いを隠す目的で香料が使われているものがあります。特に合成香料は種類が豊富・コストが安いという理由から食品添加物として使われている割合が多いです。香料は少量なら人体に影響はあまりまいと言われていて、他の添加物と比べて食品に入っている割合は少ないです。しかし、安全性が証明されていない原料の香料ももちろんあるため危険なことに変わりはありません。サプリメントは毎日飲み続けるものなので、含まれる成分をチェックし香料も無添加のものを心がける選び方が大切です。

 

増粘安定剤の有無

食品添加物の一つである増粘安定剤は、食品を接着し形が崩れないようにする安定剤と粘りやとろみをつける増粘剤に分けられます。増粘安定剤の主な成分は天然由来の多糖類です。天然由来ですが危険がないわけではないので、妊活サプリを選ぶ際はなるべく増粘安定剤が入っていないものを選ぶべきです。市販の妊活サプリにも使われている場合があり、サプリメントの選び方として選ばないほうが体のために良いでしょう。

 

甘味料の有無

甘味料は食品に甘味を加えるために用いられる添加物のひとつで、食品由来の成分を利用した天然甘味料と人工的に作られた合成甘味料の2種類が存在します。市販の妊活サプリには飲みやすくするように合成甘味料が使われていることがあります。合成甘味料の成分の中には、発がん性や糖尿病のリスクを高める危険があると言われているものもあります。、妊活サプリを選ぶ際の選び型として甘味料が使われているかどうかをチェックすることも大切です。

 

酸味料の有無

酸味料は添加物のひとつで、名前の通り食品に酸味を付けたり、酸化を防止するために使用されます。この酸味料の原料にはクエン酸や乳酸、酒石酸などの比較的安全な成分のものもありますが、人工的に作られた添加物であるアジビン酸・コハク酸や、有毒性があるとされるグルコン酸、摂りすぎによってカルシウムの吸収を阻害するリン酸などがあります。妊娠中は胎児の骨格を形成するために妊婦の方のカルシウムを消費していきます。カルシウムも妊活にとって重要な栄養素の一つなので、リン酸の使用された妊活サプリを使用することで、カルシウム不足になる危険もあります。市販の妊活サプリを購入する際の選び方として、酸味料が使われているかを確認することも大切です。、また、酸味料は酸味料単体で効力を発揮するわけではなく、他の物質と組み合わさることで効力を発揮します。複数の物質で効力の出る食品添加物はそれぞれの物質を表示する必要が無く一括して「酸味料」と表記されていることもあります。製品の成分表示を見ても、どの酸味料の成分が使用されているかわからないこともあるので、酸味料が使われていない妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

 

妊活必須成分の配合の有無や含有量

妊活サプリを選ぶ際に重要になのは、配合されている成分の配合量・含有量です。妊活には様々な栄養素が必要で葉酸、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、亜鉛、鉄分、カルシウムなどで、これらの成分がバランスよく配合させているサプリを選ぶのがよいでしょう。マカナは栄養士が妊活に必要な栄養素をバランスよく配合してあり、上記の成分がマカナひとつで補えます。上記の成分以外にもマカナにはDHA・EPA、日本産のマカ、スーパーフードとして注目されているスピルリナ(濃緑色の単細胞微細藻類)α-リポ酸、還元型コエンザイムQ10などの妊活に必要な様々な成分が配合されています。市販の妊活サプリには妊活に必要な栄養素の服有量が足りていないものもあるので、妊活に必要な栄養素がバランスよく配合されているマカナサプリをおすすめします。

 

葉酸

葉酸の一日の摂取基準は240?とされています。、葉酸には胎児の神経系障害のリスクを減らす効果があるため妊婦の方は追加で240?の葉酸を摂取することが推奨されています。市販の妊活サプリの葉酸は妊活に必要な量の葉酸が含まれていない場合があります。一方、マカナの葉酸の含有量は厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型の葉酸が400?配合されていて、妊婦の方が一日に必要な葉酸の摂取量を十分補うことが出来ます。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種類を指します。ビタミンB群は単体の成分で人体に作用するのではなくバランスよく摂取することで総合的に機能します。ビタミンは人間に必要な5大栄養素の一つです。特にビタミンB群の成分には食べ物を摂取した際に栄養素をエネルギーに変える効果があり、体の調子を浴したり、疲労回復に役立ちます。不足すると肌荒れやニキビが増えたり、食欲不振や貧血などの症状を引き起こします。女性はビタミンB2が不足しやすく、更にビタミンB群は妊活中にも必須の栄養素です。市販の妊活サプリにはこのビタミンB群が含まれているものもありますが、妊活サプリを選ぶ際はビタミンB群の含有量にも注目すべきです。ビタミンB群の摂取量は少なくても身体の不調を引き起こしますが、過剰摂取してしまっても、吐き気やめまい食欲不振などの悪影響を引き起こす可能性があります。妊活サプリを選ぶ際は、ビタミンB群の含有量がバランスよく配合されているものを選びましょう。

 

ビタミンE

ビタミンEの成分には抗酸化作用があり、身体の酸化を防ぎ老化予防になります。また、ビタミンEは別名子宝ビタミンと言われていて、黄体ホルモンを作る原料となります。黄体ホルモンは子宮内膜を厚くし着底しやすくする効果があるため、妊活に非常に重要なのです。
ビタミンEが足りないと、皮膚のトラブルが増えたり、めまいや貧血の原因になったり動脈硬化や高血圧を引き起こす可能性もありります。また、不妊症や習慣性流産にも影響が出ることが指摘されているため、絶対に不足させてはいけない栄養素の一つです。ビタミンEはかぼちゃやほうれん草、アボガドなどの野菜や煎茶に多く含まれていて普段の食事で摂取することが出来ます。妊活サプリなどで不足分を補うときは一日の摂取目安を超えて過剰摂取にならないようにも気をつけましょう。頭痛や吐き気、下痢の原因になってしまうことがあります。市販の妊活サプリを購入する際は、含有量にも注目し、ビタミンEがどの程度の量が入っているかをチェックしましょう。

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要不可欠な成分です。ビタミンCが不足するとコラーゲン不足になり、血管が弱くなり出血を起こす壊血病を起こします。また、毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きや、不足していると貧血・筋肉減少・呼吸困難などの症状を引き起こす可能性があります。人間の身体はストレスを感じた時に体を守るため、福腎から抗ストレスホルモンを分泌するために消費されるのがビタミンCです。妊活中・妊娠中のストレスは母体・胎児に悪影響なのでストレスをためないためにもなるべくとるように心がけましょう。ビタミンCは過剰摂取したとしても体内に吸収できなかった分は尿と一緒に排出されるため摂りすぎの心配はありません。市販の妊活サプリにも配合されていますが、ビタミンCに関しては多くても問題はないので含有量を気にする心配はありません。

 

鉄分

鉄分は血中に酸素を取り込む際に赤血球が酸素を取り込みます。その赤血球を作る際の材料が鉄です。鉄分は生命維持に欠かせない成分なのです。また、鉄分が足りないと貧血になりやすいので積極的に摂取する必要があります。女性は1か月ごとに生理があり鉄分が不足しやすく妊娠にも影響が出やすいです。更に妊活中・妊娠中には妊婦の方や胎児の血液を作るために鉄分が消費されるので不足しないよう市販の妊活サプリなどで補うことも効果的です。ただし、鉄分の過剰摂取も吐き気や下痢を引き起こしたり、摂りすぎた鉄分が体内に蓄積され、血管・脳・肝臓・膵臓などの臓器に悪影響が出て、肝硬変や糖尿病になってしまうリスクもあるので市販の妊活サプリなどを飲む際は鉄分の含有量をチェックして、摂りすぎにも注意しましょう。

 

亜鉛

亜鉛は必須栄養素の一つで、タンパク質を合成し新陳代謝を高めたり、皮膚のターンオーバーをしてくれたり、肌の老化予防にもなり、十分な量を摂取していると免疫力アップにもつながり病気にかかりにくくなります。また、男性の生殖機能の改善にも役立ち、精子の生成・増量・運動量を上げる効果もあります。女性の場合も亜鉛が不足していると、女性ホルモンの減少や卵巣の働きが衰え、不妊や生理不順の原因となってしまいます。このように、亜鉛は妊活中の男性にも女性にも重要な成分なので、市販の妊活サプリには亜鉛が含まれているものが多いです。亜鉛は体内で生成できない栄養素なので、積極的に摂取する必要がありますが、亜鉛の含まれている食品を食べても体外に排出されてしまう量が多く、すべてが吸収されるわけではありません。妊活の際には足りない亜鉛をサプリメントで補うことも大切です。亜鉛は不足しがちな栄養素なので摂りすぎることはあまりありませんが、過剰摂取すると銅や鉄分の吸収が阻害され貧血を起こしたり、神経症や下痢を起こしてしまいます。
妊活サプリを選ぶ際は亜鉛の含有量が適量のものを選ぶようにしましょう。

 

マグネシウム

マグネシウムは骨や歯を形成するのに必要な成分で、カルシウムやリンと一緒に骨を作ります。ほかにも神経の興奮を抑えたり、血圧の維持などの働きや血液の循環を正常化させる効果があります。マグネシウムが長期的に不足すると、骨粗しょう症や心疾患、糖尿病といった生活習慣病のリスクが高まってしまいます。野菜や魚介類に含まれていますが、摂取量が少なく不足しがちなので健康のために摂取することを心がけましょう。妊娠中は胎児に栄養の一部としてマグネシウムも消費していきます。マグネシウム不足になると上記の症状だけでなく、吐き気や眠気・脱力感に見舞われることもあるので、不足分を妊活サプリで補うことも大切です。市販の妊活サプリを購入する際は、不足分を補えるかどうか含有量をチェックしましょう。

 

カルシウム

カルシウムは骨の形成に必要不可欠な成分で、骨や歯を丈夫にしてくれます。また、カルシウムは血液中にも存在し、出血を止める役割を果たします。カルシウムはホルモンバランスを整えてくれるので妊活中に排卵や子宮環境を整える役割があります。妊娠中の胎児は母体から栄養素を取り込んでいて、母体のカルシウムから胎児の骨が形成されていきます。カルシウムが不足すると、骨がもろくなり骨粗しょう症の原因になったり、高血圧を引き起こしてしまいます。カルシウムは精神の安定にも関係していて、不足するとイライラしやすかったり、精神的に不安定になることがあります。カルシウムは吸収率が悪く、体内に取り込めなかった分は便と一緒に体外に排泄されます。なので、摂りすぎる心配はありません。むしろ、妊活中・妊娠中は積極的に摂取したい成分なので、妊活サプリを選ぶ際はカルシウムが含まれているものを選びましょう。マカナサプリは市販の妊活サプリと比較して、カルシウムを始め妊活に必要な栄養素がバランスよく配合されているため勧めです。

 

無添加・オーガニックの葉酸サプリ

オーガニック(有機栽培)は農薬や化学肥料を使わず、太陽・土・水などの自然の力だけで栽培することを意味します。言葉だけで聞くと、無添加やオーガニックで作られた天然葉酸が体に良く吸収率もいいような気がしますが、天然葉酸の吸収率は50%に対し、化学合成で作られた合成葉酸の吸収率は85%と天然葉酸よりも35%も効果が高いのです。市販の葉酸サプリの成分には合成葉酸が配合されています。妊活では葉酸を定められた適量を毎日摂取することが大切なので、吸収率の高い合成葉酸が配合された妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

 

市販のサプリにはオーガニック葉酸のものはない

市販のサプリにはオーガニック葉酸のものはありません。天然葉酸は自然食品由来の葉酸で、市販されている妊活サプリをはじめとした葉酸のサプリメントに配合されているのは、化学合成物質で作られた合成葉酸です。無添加のオーガニック葉酸のほうが体にいいような気がしますが、合成葉酸のほうが人体への吸収率が高いため、葉酸サプリには合成葉酸が使われているのです。

 

天然葉酸について

葉酸には天然葉酸と合成葉酸の2種類があります。合成葉酸は化学合成で作られた葉酸で、対して天然葉酸は食品に本来含まれている葉酸です。緑黄色野菜に多く含まれていて、食事からとる際は無添加・オーガニックの食品から摂取することで安全に摂取できますが、体内に吸収する場合、天然葉酸の吸収率は50%程度です。市販の妊活サプリに含まれている葉酸は化学合成から作られた合成葉酸です。

合成葉酸について

天然葉酸は自然食品中に含まれる葉酸のことです。対して、合成葉酸は市販されている妊活サプリや葉酸サプリのなかに含まれる化学合成物質で作られたモノグルタミン酸葉酸のことを指します。2種類の葉酸の違いは吸収率です。天然葉酸の場合の吸収率は約50%程度ですが、合成葉酸は約85%と天然葉酸より約35%も吸収率が高いのです。葉酸には胎児の先天性異常の確率を下げる効果がありますが、厚生労働省は妊活サプリとして合成葉酸の摂取を推奨しています。

 

高齢妊活に有効な成分を配合している

マカナサプリは高齢妊活をしようと考えている方にもおすすめです。妊活においては35歳以上の方を高齢と呼び、妊活は年を重ねるとともに卵子の老化・質の低下、子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮のまつわる病気による子宮や卵管の状態の悪化が原因により妊娠しにくくなっていきます。特に卵子の老化は加齢によるものなので避けることはできません。市販の妊活サプリにはこういった効果のあるものは含まれていませんマカナに含まれる成分には卵子の老化を遅らせることのできる効果のある成分も含まれているためおすすめです。

 

高齢妊活に有効なα-リポ酸

α-リポ酸は高齢妊活に有効です。α-リポ酸はミトコンドリアの中に存在しエネルギーを作ることを補助します。α-リポ酸には抗酸化作用があり、体内の酸化を防ぎ老化の予防になります。また、疲労回復に効果があり、体力を使う妊活に有効な成分です。市販の妊活サプリの中にはα-リポ酸が含まれているものも、含まれていないものもありますが、マカナにはα-リポ酸が配合されているため高齢妊活におすすめです。

 

高齢妊活に有効な還元型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は体内で合成されていて、ミトコンドリアの中に存在しています。コエンザイムには酸化型と還元型があり、酸化型は、一度体内に取り込んでいったん還元型に変換してから効果が発揮されるので、効果が表れるまでに時間がかかります。体内で合成されるコエンザイムの成分は還元型なので、還元型コエンザイムQ10は変換する過程がなく直接作用するので効率が良いのです。この還元型コエンザイムQ10 は抗酸化作用があり、身体の酸化を防ぎ、脳・臓器・血管・肌を若々しく保ち老化予防につながります。市販の妊活サプリには還元型コエンザイムQ10が含まれているものもあれば、ないものもあります。マカナは還元型コエンザイムQ10 を配合してあるので高齢妊活を考えている方にお勧めです。

 

GMP工場で生成されていること

妊活サプリは厚生労働省が定めた安全基準をクリアしたGMP工場で生産されているサプリを選びましょう。GMP とは厚生労働大臣が定めた、医薬品類の製造管理・品質管理の基準のことです。妊活サプリメントを始め、サプリメントは体内に取り込むものなので、安全にも気をつけて選ぶことも大切です。市販のサプリはどこで生成されているか不明なものもあります。マカナはGMP基準をクリアして認定された国内工場で生産されているので安心して飲むことが出来ます。

 

妊活成分の含有量がバランスよく配合されていること

妊活サプリを選ぶ際は妊活に必要な妊活成分の配合量もチェックすることが大切です。妊活には様々な成分が必要です。妊活向けに様々なサプリが販売されていますが、妊活成分がバランスよく配合されたサプリを選びましょう。とくに、ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類は一緒に摂取することで相乗効果を得ることが出来ます。市販の妊活サプリはビタミン類の配合バランスが悪い場合があります。マカナはすべてのン克成分をバランスよく配合してあるので、高い妊活効果を得ることが出来ます。

 

 

[マカナサプリ/薬局]マタニティ・ベビー用品ショップにある妊活サプリ

マカナの公式サイトはこちら

[マカナサプリ/薬局]薬局にある妊活サプリ

マカナの公式サイトはこちら

[マカナサプリ/薬局]妊活サプリの種類と妊活中・妊娠中の効果や影響について

妊活サプリに含まれる葉酸・マカ・イソフラボン・ミトコンドリアなどの妊活成分は、必要な時期や必要量が異なります。たとえば、葉酸は妊娠の1か月前から摂取量を増やすとよいといわれています。マカ・イソフラボン・ミトコンドリアなどはどれも妊活に良いとされ、市販の妊活サプリにも配合されています。これらの栄養素は大量に摂取したり、どれか一つだけを摂取すればよいというわけではありません。様々な栄養素をバランスよく摂取することで体が健康に保たれ妊活に役立つのです。マカナは妊活に必要な様々な栄養素をバランスよく配合したオールインワンのサプリなのでおすすめです。

 

葉酸サプリの効果や影響について

葉酸は1日量が決まっていてたくさんとればいいというわけではありません。厚生労働省は妊娠1か月前〜妊娠3か月において1日の摂取量を食事から240mg(マイクログラム)、葉酸サプリや妊活サプリなどから400mgを摂るように推奨しています。なので、推奨量の400mgの葉酸を摂取できるサプリを選ぶことが大切です。市販の妊活サプリを選ぶ際は推奨量が正しく入っているものを選びましょう。

 

妊活中の効果や影響

妊活中に葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害という赤ちゃんの奇形のリスクを下げる効果があります。この障害は妊娠4~5週に起こるのでこの時に葉酸をしっかりとっておくと胎児に良い影響を与えられるのです。市販の妊活サプリを選ぶ際は葉酸の入ったものを選ぶことで、食事ではとりきれない葉酸をおぎなうことが出来ます。

 

妊娠中の効果や影響

葉酸は妊娠中に規定量を摂取することで、胎児の神経系障害のリスクを減らす効果があり積極的に摂取したほうがいい栄養素です。しかし、摂りすぎても胎児に影響があり過剰摂取してしまうと、赤ちゃんが喘息をもって生まれてくる確率が高くなってしまいます。市販の妊活サプリを選ぶ際は、葉酸の量が正しく入っているものを選びましょう。

 

授乳中の効果や影響

葉酸は授乳中も積極的に摂取したい栄養素です。葉酸には体の細胞を作る働きがあり、赤ちゃんは新しい細胞をどんどん作って成長するため、お母さんの母乳で葉酸を摂取することですくすくと成長できるのです。なので、葉酸をしっかりと摂ると母子ともに良い影響があるのです。市販の妊活サプリを選ぶ際は葉酸が規定量含まれているものを選びましょう。

 

胎児への効果や影響

葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害という胎児の奇形のリスクを下げる効果があります。しかし、摂りすぎても赤ちゃんに影響してしまい、生まれえてきたときに先天性の喘息になってしまう可能性もあります。市販の妊活サプリを選ぶときは、一日に摂取すべき葉酸の推奨量が入ったサプリを選びましょう。

 

乳児への効果や影響

授乳中に葉酸をしっかりと摂ることで、乳児も葉酸を母乳から摂取することが出来、成長に良い影響が出てきます。葉酸は細胞を作ったり、体の発育を促したり、赤血球を作る効果があるため赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素なのです。母乳を上げるお母さんも葉酸が必要なので、市販の妊活サプリを購入する際は葉酸が不足しないよう1日に必要な推奨量が入っている妊活サプリを選びましょう。

 

マカサプリの効果や影響について

マカは妊活に重要な成分の一つです。男性が摂取することで滋養強壮・精力増進の効果があり。精子の形成・増量・運動率高めるなどの影響があります。市販の妊活サプリには妊活必須成分を豊富に含むものはありません。マカを高配合したマカナサプリは、高い妊活効果を期待できるためおすすめです。

 

妊活中の効果や影響

マカを妊活中にとることで、不妊症の改善や勃起障害に効果があります。マカは滋養強壮効果もあるため、高齢妊活を考えている方々にも良い影響があるのです。市販の妊活サプリにはマカを豊富に含むものはありません。マカを高配合したマカナサプリは、高い妊活効果を期待できるためおすすめです。

 

妊娠中の効果や影響

マカは天然植物由来の成分なので妊娠中の女性が摂取しても胎児や母体に影響が出ることはなく問題ありません。むしろ、ホルモンバランスを整え体を健康に保ってくれるので妊娠中の方は積極的にとっていきたい栄養素です。市販の妊活サプリにはマカ以外にも様々な栄養成分を配合したものがあります。中には母体や胎児に悪影響を及ぼす可能性のある成分が入ったものもあります。マカナサプリは栄養士が妊活に必要な栄養素を考えて配合してあります。マカもその一つで、妊活に必要な量のマカを配合してあるため高い妊活効果を期待できるためおすすめです。

 

授乳中の効果や影響

マカは大人の妊活には効果的で食品なので安心ですが、授乳中の赤ちゃんにどの程度影響が出るかはわかりません。赤ちゃんは母乳から栄養を取り込むので授乳中は市販の妊活サプリでマカを必要以上に摂取するのは控えたほうが良いかもしれません。

 

胎児への効果や影響

市販の妊活サプリはマカが含まれていて、大人にはいい効果が期待できます。マカは植物由来の成分なので安心ですが、胎児に与える影響はまだわかっていないことが多いです。妊娠が分かった時点でマカが含まれるサプリを服用する場合は、医師に相談するのも大切です。

 

乳児への効果や影響

マカをお母さんが摂取すると、母乳の中にマカの成分もふくまれることになり母乳を飲んでいる乳児にも影響が出ます。しかし、マカは薬や乳児に悪影響のある成分ではないのでお母さんがマカが含まれる市販の妊活サプリを摂取しても問題はありません。

 

イソフラボンサプリの効果や影響について

イソフラボンはポリフェノールの一種で大豆などの豆類に含まれている成分です。イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをし、生成や活性酸素の除去をサポートする成分であり、美容や健康、妊活に有効と言われています。また、イソフラボンを摂取すると更年期障害の改善にも影響があり、イライラや頭痛をやわらげたり、卵巣機能の低下を抑える効果があります。しかし、イソフラボンだけを摂取しても妊活効果を得ることはできません。妊活では、ミネラル・アミノ酸・ビタミン類をバランスよく摂取する必要があり、これらの妊活成分を豊富に配合する妊活サプリを選びましょう。マカナサプリに含まれるマカは、女性ホルモンを生成するイソフラボンと同じ作用を持ち、またマカナに含まれるビタミンEやビタミンCは活性酸素を除去する成分です。

 

妊活中の効果や影響

妊活中にイソフラボンを摂取することは妊活に有効です。ホルモンバランスを整えたり、血流を改善してくれたり、抗酸化作用もあります。また、イソフラボンは子宮内の血流を良くし、子宮内膜の細胞にも直接影響し着床を助け妊娠率を上げ、不妊治療の改善に効果が期待できます。市販の妊活サプリにイソフラボンが含まれているものは多くはありません。マカナにはマカが含まれ、これはイソフラボンと同じような働きをする効果があります。また、イソフラボンは単体でとってもあまり効果がないため、妊活に必要な成分がバランスよく含まれたマカナサプリをお勧めします。

 

妊娠中の効果や影響

イソフラボンにはエストロゲンという物質が含まれていて、この物質が胎児の成長や母体の健康に役立ちます。なので、イソフラボンは妊娠中にも積極的に摂取したい成分の一つです。しかし、イソフラボンだけを摂取してしまうとエストロゲンばかりが増えてしまいホルモンバランスが崩れてしまう可能性があります。市販の妊活サプリを選ぶ際はイソフラボンが適度に含まれているものを選びましょう。

 

授乳中の効果や影響

大豆に含まれるイソフラボンには母乳を出やすくする効果や、母乳の質を良くする効果があり、授乳中も積極的に摂りたい栄養素です。しかし、体にいいからと言って過剰摂取してしまうと、逆に体に悪い影響も出てきます。イソフラボンを過剰摂取すると子宮内膜増殖症を発症してしまうリスクが高まります。市販の妊活サプリを選ぶ際は、イソフラボンだけでなくほかの栄養素もバランスよく含まれているものを選びましょう。

 

胎児への効果や影響

イソフラボンは母体のホルモンバランスを整える・母乳の出を良くする・質を高めるなどの効果がありますが、妊娠中に過剰摂取してしまうと胎児の生殖機能への影響が出てしまう可能性があります。市販の妊活サプリを選ぶ際は、イソフラボンが含まれているかどうか、どのtリ度の含有量かチェックして摂りすぎないようにしましょう。

 

乳児への効果や影響

授乳中にイソフラボンを摂取しても良い影響はあります。母体であるお母さんがイソフラボンを摂取すると、母乳が出やすくなる効果や母乳の質が向上する効果があり、母乳で栄養を摂取する赤ちゃんにとって効率が良くなります。ただ、イソフラボンだけを摂取すればよいというわけではないので、市販の妊活サプリを購入する際は認傑に必要な栄養素がバランスよく含まれたものを選ぶようにしましょう。

 

ミトコンドリアサプリの効果や影響について

ミトコンドリアは細胞の中に存在している細胞小器官の一つです。各細胞が活動するために必要なエネルギーを生産する働きがあり、人体の発電機と呼ばれています。ミトコンドリアは細胞を活性化させる効果があり、卵子の細胞にも良い影響を与え老化を防ぐ効果があるので高齢妊活に有効と言われています。高齢妊活に有効と言われるミトコンドリアを活性化する成分を配合したものを選びましょう。マカナサプリは、ミトコンドリアを活性化する成分が配合されているためおすすめです。

 

妊活中の効果や影響

妊活中にミトコンドリアを活性化させることは大切です。高齢妊活には卵子の質を向上させることが重要と言われていて、ミトコンドリアを活性化させ細胞の質を向上させる効果があり、卵子にも影響があり質を高めることが出来るのです。マカナサプリはミトコンドリアをサポートするαーリポ酸・還元型コエンザイムQ10を配合してあり、高齢妊活に適しています。市販の妊活サプリにはこれらの成分は配合されていないので、マカナサプリをお勧めします。

 

妊娠中の効果や影響

妊娠中もミトコンドリアを活性化させる影響のある成分の含まれた妊活サプリを飲むことは有効です。ミトコンドリアは人の細胞の内部にいてエネルギーを作り出してくれる効果があるので、胎児の成長にも役立ちます。市販のサプリにはミトコンドリアを活性化させる成分の含まれているものはないので、ミトコンドリアの活性化委に役立つ成分の含まれているマカナサプリをお勧めします。

 

授乳中の効果や影響

授乳中もミトコンドリアを活性化させる影響のある成分の含まれた妊活サプリを飲むことは有効です。母乳の生成にもエネルギーは必要なので細胞を活性化させエネルギーを生産してくれるミトコンドリアをサポートする成分の入っている妊活サプリを飲むことで、授乳にも良い影響を与えることが出来ます。市販のサプリにはミトコンドリアを活性化させる成分の含まれているものはないので、ミトコンドリアの活性化委に役立つ成分の含まれているマカナサプリをお勧めします。

 

胎児への効果や影響

妊活中、妊娠中に妊活サプリでミトコンドリアを活性化することは母体には良い効果を与えますが、ミトコンドリアが胎児に与える影響はまだまだ分かっていないことが多いです。妊娠中も市販の妊活サプリを選ぶ際はミトコンドリアを活性化させるだけでなく、ほかの妊活に必要な栄養素がバランスよく含まれているものを選びましょう。

 

乳児への効果や影響

妊活中にミトコンドリアを活性化させる妊活アプリを飲むことは妊活に有効です。また、乳児が母乳から栄養を摂取する際に乳児のミトコンドリアを活性化する栄養素を取り込むことで相棒の成長が促進され乳児の発育に良い影響があります。市販の妊活サプリを選ぶ際は、ミトコンドリアをサポートする栄養素の含まれたサプリを選ぶことが大切です。マカナはミトコンドリアをサポートするαリポ酸などの成分を始め妊活に必要な成分をバランスよく配合してあるのでお勧めです。