[葉酸/マカナサプリ]妊活サプリと葉酸サプリの違い。メリット・デメリットについて

妊活サプリの主成分はマカやビタミンB群などの妊活成分であり、葉酸やカルシウムなどが配合されています。葉酸はビタミンB群のなかのビタミンの一種で、妊活中も妊娠中も重要な妊活成分の一種です。葉酸には妊娠初期段階の胎児の先天性異常のリスクを下げる効果や、貧血の予防や改善、ホルモンバランスを整える効果があり産後にも授乳中にもしっかりと摂りたい成分です。妊婦の方は胎児の栄養として葉酸を消費するので、厚生労働省が定めた規定量よりも多く摂取する必要があります。葉酸サプリでも葉酸をおぎなうことはもちろん可能ですが、妊活サプリの主成分はマカやビタミンB群などで、葉酸サプリのデメリットとして葉酸サプリに配合されている成分は主に葉酸重視なので、妊活に対してはあまり効果がありません。マカナサプリには葉酸だけでなく、ビタミン類・マカ・スピルリナ・DHA・EPA・カルシウムなど妊活に必要な成分がバランスよく配合されています。マカナサプリには葉酸だけでなく、葉酸をサポートする成分である、ビタミンEも配合されているため、葉酸の働きを最大限に活かせます。マカナサプリを妊活サプリとして選択することで任活に必要な栄養素をバランスよく摂取することが出来るというメリットがあります。

 

葉酸サプリの効果1:赤ちゃんの先天性異常のリスクを下げる

参考:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03c.pdf
妊活中(妊娠1か月前)から妊娠3か月までの間は、厚生労働省が推奨する量の葉酸を摂取し、一日に必要な量の葉酸をきちんと満たすことで、胎児の先天性異常(主に神経管閉鎖将棋)のリスクを低減する効果があります。ほとんどの先天性異常は妊娠10週までに起こるため、葉酸サプリを飲む時期は妊娠1か月前〜妊娠3ヶ月まではしっかりとることが大切です。

 

H4:神経管閉鎖障害・無脳症のリスク低減
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E8%84%B3%E7%97%87%EF%BC%88%E7%84%A1%E8%84%B3%E7%97%87%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%89
大脳や小脳のもととなる神経管は、受精27日目までに形成されます。神経管閉鎖障害はこの受精27日以内に起こるといわれていて詳しい原因は不明です。厚生労働省は神経閉鎖障害の予防策として妊娠1か月前〜妊娠3か月までは葉酸を規定量摂取することを推奨しています。この間に葉酸を厚生労働省が規定する量を摂取していると、神経管閉鎖障害(無脳症)のリスクを予防・低減することができます。妊活中(妊娠1か月前)〜妊娠三か月は葉酸サプリなどで充分に葉酸を摂取するようにしましょう。

 

H4:神経管閉鎖障害・二分脊椎症のリスク低減
神経管閉鎖障害の1つである二分脊椎症は、妊娠超初期の脊椎骨が形成されるときに、何かしらの原因で形成が不十分であったときに発症してしまう症状で、原因はバルプロ酸・ビタミンAなどの過剰摂取や、催奇形因子によって誘発されることによって引き起こされる症状です。二分脊椎症は葉酸の十分な摂取により、発症リスクを70%低減させることができるため、厚生労働省では妊娠1か月前〜妊娠3ヶ月までに葉酸を1日400μg毎日摂取するように推奨しています。妊活中から葉酸は欠かせない栄養素なので、葉酸サプリなどで葉酸をしっかり摂取することを心がけましょう。
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%88%86%E8%84%8A%E6%A4%8E%E7%97%87

 

 

葉酸サプリの効果2:貧血の予防や改善(赤血球の成熟)

葉酸は血液細胞の一つである赤血球の生成に関わる成分です。赤血球は酸素を全身に運ぶ働きや、体内の二酸化酸素を排出する役割があります。葉酸が不足すると赤血球の生成がスムーズに行えず、赤血球が不足するため貧血になりやすくなります。葉酸不足になると赤血球のもととなる赤芽球が生成できず、巨赤芽球が生成されてしまい、巨赤芽球性貧血を起こしてしまいます。この巨赤芽球性貧血になると吐き気や下痢などの症状があらわれ、ひどくなると歩行困難になってしまうこともあります。このため、葉酸サプリで葉酸を一日に必要な量摂取することで正常な赤血球が作られ貧血予防になると同時に、巨赤芽球性貧血を防ぐことが出来るので積極的に葉酸を摂取するようにしましょう。

 

H4:鉄分不足による貧血・鉄欠乏性貧血と巨赤芽球性貧血の違い
貧血には種類があり、葉酸不足による貧血を巨赤芽球性貧血、鉄分不足による貧血を鉄欠乏性貧血と言い、どちらも貧血ですが症状やなってしまう要因には違いがあります。鉄欠乏性貧血は鉄分不足により、鉄分によって作られるヘモグロビンが生成できず、血中のヘモグロビンが不足し、肺から酸素を全身の細胞や臓器に運ぶ際に酸素が不足し、体内が酸欠状態になってしまう症状を鉄欠乏性貧血と言います。葉酸は血液細胞の1つである赤血球の生成に関わる成分です。赤血球は、肺から得た酸素を全身に供給したり、二酸化炭素を排出する役割があります。葉酸不足になると正常な赤血球ではなく巨赤芽球が生成されてしまい、巨赤芽球性貧血を起こしてしまいます。この巨赤芽球性貧血になると吐き気や下痢などの症状があらわれ、ひどくなると歩行困難になってしまうこともあります。このように不足してしまった栄養素によって引き起こされる貧血の種類にも違いがあります。

 

葉酸が必要になる時期・葉酸は妊活1ヶ月前から授乳期間の全てで必要!

葉酸は妊活から授乳期間中まですべての時期で必須の栄養素です。葉酸は妊活中(妊娠1か月前)から摂取することで胎児の先天性異常(主に神経管閉鎖将棋)のリスクを低減させることが出来ます。また、妊娠初期段階でも葉酸を十分摂取していると、二分脊椎症の発症リスクを70%低減させることができます。また、産後は赤ちゃんは母乳から栄養を摂取しますが、母乳は血液から作られます。葉酸にはビタミンB12と結合することにより造血効果があります。葉酸をしっかりとることで、血液の量、質がよくなり、血液から作られる母乳の質も向上するのです。なので授乳中も葉酸をしっかりとることで、赤ちゃんも健康でいられるのです。

 

妊活中に葉酸が必要な理由1・ホルモンバランスの改善

葉酸は造血ビタミンと呼ばれ、血液を作る働きがあります。葉酸が不足すると血液が不足し、貧血になってしまいます。貧血状態だと全身の血流が悪くなり、ホルモン生成の指令を出している視床下部・脳下垂体の血流も低下するため、ホルモン生成の指令をスムーズに行うことが出来なくなりホルモンバランスが崩れる原因となってしまいます。女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステンのバランスが崩れると、生理不順・無月経・無排卵などの原因となる可能性が出てくるため葉酸の不足は妊活中には注意する必要があります。葉酸を必要量きちんととることで貧血改善になったり、ホルモンバランスが改善され妊娠中の母体の安定や、産後にもきちんと血液が作られることで質のよい母乳が生成され赤ちゃんにも十分な栄養を与えることが出来ます。

 

ホルモンバランスの乱れによる生理不順の改善

マカナの公式サイトはこちら
参考:http://www.jspog.com/general/details_07.html
生理不順は月経不順と言われ、月経周期日数・出血持続日数・経血量などの正常範囲に当てはまらないものを月経異常と言います。葉酸不足などで貧血となり、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが生成されずホルモンバランスが崩れると月経周期日数が短くなったり、長くなったりと不安定になります。生理不順が起こると排卵日のズレが生じ、タイミング法を取ることが難しいため、妊活でのデメリットとなります。妊活中は葉酸をしっかりと摂取して、ホルモンバランスを整えることで月経周期を整え妊娠に向けた体を作ることが大切です。

 

H4:月経異常・無月経の改善
無月経は月経周期間中なのに月経が来ない症状を言います。妊娠中や授乳中閉経後の無月経は正常な身体の反応ですが、それ以外の場合は月経異常となります。葉酸が不足し、女性ホルモンの生成がスムーズに行われないと、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステンが不足し、ホルモンバランスが崩れて無月経などの月経異常や生理不順になってしまいます。無月経にはいくつか種類があり、エストロゲンが分泌されているのに月経が来ない「大一度無月経」エストロゲンが分泌されないことにより起こる無月経を「第二次無月経」と呼びます。この症状はクリニックでの治療対象で、第一度無月経はクロミフェン療法、第二次無月経はゴナドトロピン療法がおこなわれます。妊活を行う際に無月経になってしまうと妊娠そのものが出来ないため、妊活を始める際は葉酸をしっかりと摂りホルモンバランスを整えることが大切です。葉酸は赤血球を生成する働きがあり、全身の血流を改善(貧血予防)をするため、子宮や卵巣の働きが活発になるので妊活に必要不可欠な栄養素なのです。

 

H4:月経異常・無排卵の改善
月経異常、生理不順の症状の一つに無排卵があります。無排卵は女性ホルモンの一つであるエストロゲンが分泌不足になることにより、黄体形成ホルモンが生じないために起こります。黄体形成ホルモンは、卵胞に作用し、卵子の成長や成熟を促すことで排卵を起こす働きがあります。しかし、エストロゲンが不足すると黄体形成ホルモンが上昇しないため、排卵を起こすことができないのです。無排卵は月経自体は起こるため気づきにくく、不妊症の原因になってしまいます。葉酸には黄体形成ホルモンを発生させる女性ホルモン、エストロゲンの生成をサポートする腹滝があり、ホルモンバランスを整え、エストロゲン不足による無排卵の改善に期待が出来ます。

 

妊活中に葉酸が必要な理由2・貧血の予防と改善

葉酸には造血作用があり、赤血球を生成する働きがあります。赤血球は肺から取り入れた酸素を血管内に吸収し、全身へ運ぶ働きがあります。葉酸が不足してしまうと正常な赤血球の生成がスムーズに行えず、巨赤芽球と呼ばれる病的な赤血球が生成されてしまい、巨赤芽球性貧血という赤血球不足の悪性貧血になってしまいます。貧血状態では、全身の血流が低下するため、卵巣や子宮に十分な血液を送ることができずに卵巣機能や子宮機能が低下し、卵子の着床や受精をしにくくなってしまいます。妊活中に限らず、葉酸を1日に必要な推奨量、きちんと摂取することで悪性貧血の改善・予防になり、卵巣・支給機能の活性化につながります。

 

妊活中に葉酸が必要な理由3・受精率アップと着床率アップ

卵子や精子の細胞は、細胞分裂を繰り返すことで成熟した細胞となります。受精率は卵子や精子の質によって変わってくるので、卵子や精子を出来るだけ質の高い状態にすることが妊娠への第一歩です。葉酸は細胞の分裂をサポートする働きがあります。葉酸を一日に必要な推奨量をきちんと摂取することで、細胞分裂が正常に行われます。細胞分裂が正常に行われることで、正常な卵子や正常な精子が生成され、着床率がアップします。妊活中は健康な身体でいることが望ましいので、夫婦で妊活を始める場合は男性・女性ともに葉酸をしっかりと摂取していきましょう。

 

妊娠中に葉酸が必要な理由1・貧血の予防と改善

妊娠中、胎児は母体であるお母さんの血液を胎盤から吸収して成長します。そのため、妊娠中は非妊娠時にくらべて血液が大量に必要となるため、血液が不足して貧血になりやすくなります。葉酸には造血効果があり、赤血球の生成に役立ちます。妊娠中はしっかりと葉酸を摂取することで赤血球が生成され、血液量が増加し、貧血改善・貧血予防につながるため、積極的に摂取するようにしましょう。

 

妊娠中に葉酸が必要な理由2・つわりなどのトラブルの改善・予防

つわりの原因ははっきりとわかっていません。一説には妊娠中のホルモンバランスの異常によるものだと考えられています。妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンと絨毛性ゴナドトロピンが急激に増加することにより、ホルモンバランスが乱れます。女性ホルモンは大脳の視床下部によりコントロールされ、自律神経も同じ場所でコントロールされています。ホルモンバランスが乱れることによって、自律神経が乱れる原因となります。吐き気や嘔吐、イライラ、頭痛など、つわりの不快症状は自律神経の乱れによる症状と一致します。葉酸は造血作用があり、赤血球を生成するのに役立ちます。赤血球が生成されることにより、血流が改善し、脳下垂体の血流も良くなることで自律神経の乱れを抑えたり、ホルモンバランスが整い、つわりの症状を抑えることができるのです。

 

産後・授乳中に葉酸が必要な理由1・ホルモンバランスの改善

産後はホルモンバランスが変化して、女性ホルモンであるエストロゲンが急減します。エストロゲンが急減することでホルモンバランスが乱れ、自律神経の働きを低下させます。そのため、抜け毛や産後うつなど、様々な症状があらわれやすくなります。授乳中は母体が健康であればあるほど、赤ちゃんに与えられる栄養である母乳の質も高まります。葉酸は、女性ホルモンの生成をサポートする成分であり、産後のホルモンバランスの乱れに有効です。産後のトラブルの予防のために、葉酸を積極的に取りましょう。

 

H4:産後のホルモンバランスの乱れによる症状・抜け毛
産後はエストロゲンが急減し、ホルモンバランス異常を起こしてしまう可能性があります。エストロゲン(女性ホルモン)が減少してしまうと、頭髪の毛周期が乱れて抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。葉酸にはエストロゲンの生成をサポートする働きがあり、ホルモンバランスを整えてくれるため、産後も積極的に摂取したい栄養素です。

 

H4:産後のホルモンバランスの乱れによる症状・産後うつ
産後はエストロゲンが急減しホルモンバランスの乱れにより、産後うつが起こりやすくなります。女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌をコントロールしているのは大脳の視床下部です。この視床下部は自律神経をコントロールする場所でもあります。そのため、ホルモンバランスが崩れると自律神経にも影響があります。また、自律神経が乱れるとホルモンバランスにも影響があるというようにこの二つには相関関係があります。葉酸はエストロゲンの生成に関わる成分であり、産後のホルモンバランスの乱れを整える働きがあるため有効です。産後は積極的に葉酸を摂取しましょう。

 

H4:産後のホルモンバランスの乱れによる症状・肌荒れ
女性ホルモンの一つであるエストロゲンにはコラーゲンやエラスチンの合成を促進する作用があります。コラーゲンやエラスチンは肌の水分を保ったり、肌にハリやツヤを出す働きがあります。産後はホルモンバランスが崩れやすくエストロゲンが減ってしまい、コラーゲンやエラスチンの生成がスムーズに行われず肌荒れの原因となってしまいます。葉酸にはエストロゲンの生成をサポートする働きがあるので、産後の肌荒れにも有効な成分です。妊活前からだけでなく出産後も葉酸をきちんととるようにしましょう。

 

産後・授乳中に葉酸が必要な理由2・子宮の回復力を高める

産後は大きくなった子宮がもとの大きさに戻っていきます。子宮は産後約8週間ほどでもとの大きさに戻ります。子宮は妊娠や出産を経てダメージが蓄積しているので、新陳代謝を活発に行いダメージを回復しようとします。産後は寝不足や疲労から新陳代謝が低下して回復力が衰えがちになるため、細胞分裂を助ける働きのある葉酸をしっかりとることで、産後のの新陳代謝を活性化させることができます。新陳代謝が活発になることで、子宮の回復力が高まるため、産後も積極的に葉酸を摂取するようにしましょう。

 

産後・授乳中に葉酸が必要な理由3・貧血の予防・改善
産後はエストロゲンが急減し、プロラクチンやオキシトシンという母乳を作るホルモンが急増します。プロラクチン・オキシトシンが急増すると、乳房の中の毛細血管に取り込まれた血液から母乳が作られるため、授乳中は普段より多くの血液を必要とします。血液が母乳になるため、産後は貧血になりやすく、貧血になると身体の血流も低下してしまい、母乳の質や量が悪くなってしまいます。葉酸には造血作用で赤血球を作る働きがあるため、積極的に摂取することで貧血の予防・改善に役立ち、母乳の生成も促進させることが出来ます。産後は積極的に葉酸を摂取するようにしましょう。

 

H4:貧血の改善により母乳の質が良くなる
母乳にはタンパク質と抗体が多く含まれていて、赤ちゃんは免疫が発達しておらず、病気になりやすいため、母乳を飲むことで母乳に含まれる抗体により免疫力を得ています。しかし、母体である女性の葉酸が不足し赤血球が作られず貧血状態になってしまうと母乳の量が減ってしまうとともに、母乳に含まれるたんぱく質・抗体の量も減ってしまうため母乳自体の質が低下してしまいます。その結果、赤ちゃんが充分な栄養を得られず病気にかかりやすくなってしまいます。そのため、妊娠中だけでなく産後も葉酸をしっかりと摂取することで貧血を改善し、母乳の質を高めることが出来るのです。

 

葉酸サプリと妊活サプリの違い。葉酸サプリは妊活効果は期待できない

葉酸はホルモンバランスを整えたり、造血作用によって赤血球を作る手助けをして全身の血流を浴したり、卵子細胞や精子細胞の生成に関わる成分のため妊活に必要な成分です。しかし、葉酸だけを摂取しても妊活効果は期待できません。葉酸はほかのビタミンなどと一緒に摂取することで効果を最大限に発揮できます。また、妊活には葉酸だけでなく様々な栄養素が必要不可欠です。葉酸サプリは主に葉酸の摂取を目的としたサプリメントなので身体に良くても葉酸しか摂取できません。たいして妊活サプリには葉酸をはじめ、妊活に必要な栄養素をバランスよく配合してあるため、妊活を考えている女性にも男性にもオススメです。

 

H4:マカナサプリとベルタ葉酸サプリの成分比較
マカナの公式サイトはこちら

 

葉酸サプリの主成分は葉酸

葉酸サプリの主な成分は名前の通り葉酸で、1日に必要な量の葉酸を摂取できるだけの容量が配合されています。葉酸サプリは葉酸の摂取を補うことを目的として作られたサプリメントなので妊活に必要な成分は葉酸以外はほとんど入っていません。

 

H4:葉酸のみを摂取しても不妊には効果がない
葉酸のみを摂取しても不妊や妊活には効果がありません。たしかに葉酸は妊活には必須の栄養素です。しかし、葉酸だけを摂取したとしても、身体を健康に保ち妊活をしやすい状態にはできますが、不妊を改善したり、妊娠率そのものが上がるわけではありません。葉酸だけでなく、妊活や不妊治療のさいにはいろんな栄養素をバランスよく摂取する必要があります。また、葉酸はほかのビタミン類と一緒に摂取することで相乗効果が生まれ最大限に効果を発揮することが出来るのです。

 

H4:葉酸のみを摂取しても高齢妊活に効果がない
不妊症の割合は年々増加しており、その原因は出産年齢の高齢化が挙げられます。葉酸は卵子細胞や精子細胞の生成をサポートしますが、高齢の女性は卵子の元となる細胞が老化しているため、葉酸のみを摂取しても細胞自体の老化は防げないため効果が期待できません。高齢妊活は卵子細胞の老化や劣化を抑える必要があり、それには葉酸ではなく細胞の老化を防ぐ抗酸化作用のある成分を摂取する必要があります。抗酸化作用が期待できる成分は、ビタミンEやビタミンCなどの成分です。妊活サプリを選ぶ際は、これらの栄養素も配合されているものを選びましょう。

 

H4:葉酸のみを摂取してもホルモンバランスを改善できない
不妊の原因の1つにホルモンバランスの異常があります。ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの生成がスムーズにできないため、無排卵や無月経となる可能性があります。葉酸は女性ホルモンの生成に関わる成分なので積極的に摂取したい成分ですが、葉酸だけを摂取してもホルモンバランスの調整に対して効果は期待できません。ホルモンバランスの改善には、葉酸だけではなく、亜鉛や鉄分などのミネラル、細胞の元となるアミノ酸の摂取が重要です。ビタミン・ミネラル・アミノ酸は、マカに豊富に含まれているため、マカを主成分とした妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

 

妊活サプリの主成分は妊活成分

妊活サプリの主成分は、妊活必須成分です。妊活必須成分は、ビタミン類・アミノ酸・ミネラルです。
マカにはビタミン・アミノ酸・ミネラルが豊富に含まれているため、妊活効果が高く妊活に最適です。妊活サプリを選ぶときは、マカをはじめ妊活必須成分が配合されているものを選びましょう。

 

H4:妊活サプリは妊活成分が全て含まれているものがおすすめ
妊活サプリは妊活に必要な成分、ビタミンB6、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、鉄分、カルシウムの8大成分が含まれているものがオススメです。どの成分も妊活〜妊娠中、出産後にも必要な栄養素で、どれか1つの成分をたくさんとればいいと言う訳ではなく、栄養素をバランスよく摂取することで、成分どうしが互いをサポートして相乗効果が生まれるのです。なので、これらの成分がバランスよく含まれた妊活サプリを選ぶようにしましょう。

 

H4:妊活成分1・ビタミンB6
妊活サプリを選ぶ時にはビタミンB6が含まれているサプリメントを選ぶようにしましょう。ビタミンB6にはタンパク質をエネルギーに変換したり、筋肉や血液を作る働きや皮膚・髪の毛・粘膜などの組織を再生する働きもあります。また、ビタミンB6は葉酸の代謝を助ける働きのあるサポート成分なので、葉酸とビタミンB6をバランスよく摂取することで効率よくエネルギーを生成することが出来ます。妊活サプリを選ぶ際は、葉酸とビタミンB6がバランスよく配合されている妊活サプリを選ぶようにしましょう。

 

H4:妊活成分2・ビタミンB9(葉酸)
妊活サプリはビタミンB9(葉酸)が配合されているものを選ぶようにしましょう。ビタミンB9(葉酸)は妊活には欠かせない妊活成分です。ビタミンB9(葉酸)には造血作用・ホルモンバランスを整える効果・貧血改善など妊娠中でなくても女性が陥りやすい症状を改善する効果が多くあります。葉酸が不足してしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまうので、質の良い卵子が作られにくくなるので、妊活には必要不可欠な成分です。なので、妊活サプリを選ぶ際は配合されている栄養素をチェックしてビタミンB9(葉酸)が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

H4:妊活成分3・ビタミンB12
妊活サプリを選ぶ際は、ビタミンB12が配合されているものを選ぶようにしましょう。ビタミンB12も大切な妊活成分の1つです。ビタミンB12には神経や血液細胞を正常にする働きがあります。また、ビタミンB12は葉酸のサポート成分としての働きもあり、葉酸と一緒に摂取することで、赤血球内のヘモグロビンの生成を助ける効果があります。また、葉酸とビタミンB12を一緒に摂取することで、神経機能を正常に保つ相乗効果が生まれます。どちらかの成分を摂取するだけでは効果を十分に発揮できないので、葉酸もビタミンB12も入っているかどうかをチェックして妊活サプリを選ぶようにしましょう。

 

H4:妊活成分4・ビタミンC
妊活サプリを選ぶ際は、妊活成分として重要なビタミンCが配合されているものを選ぶようにしましょう。ビタミンCには 抗酸化物質により 細胞の老化を防ぐ 抗酸化作用があります。 卵子の老化を予防、防止できるため、とても大切な栄養素の1つです。また、ビタミンCはビタミンEと一緒に摂取することで互いをサポートする成分なので、抗酸化作用が高まります。

 

H4:妊活成分5・ビタミンE
妊活サプリはビタミンEが配合されているものを選ぶようにしましょう。ビタミンEも大切な妊活成分の1つです。ビタミンEには抗酸化物質としての役割があり、体内の脂質の酸化を抑える抗酸化作用があります。脂質の酸化を防ぐことで、細胞の老化予防や動脈硬化、生活習慣病の予防に効果があります。また、血管を健康に保ったり、肌荒れの予防にも効果があるビタミンです。また、ビタミンEはビタミンCと同時摂取することで、相乗効果で抗酸化作用が高まり、更によい効果を得ることができます。妊活サプリにはビタミンEが配合されているものを選びましょう。

 

H4:妊活成分6・亜鉛
亜鉛は必須ミネラルの一種で妊活成分としても重要です。亜鉛はビタミンAの代謝を促して抗酸化作用を活性化させたり、免疫力を上げたり、精神安定や脳機能の向上にも効果があります。また、生殖機能にもかかわっていて、精子の形成・量の増加・運動率の向上など、妊活中の男性は積極的にとりたい栄養素の一つです。亜鉛は普段から不足しがちな栄養素でもあります。さらに体内では作ることが出来ない成分なので、妊活サプリを選ぶ際は亜鉛の配合されているものを選び、亜鉛不足を防げるようにしましょう。

 

H4:妊活成分7・鉄分
鉄分は必須ミネラルの一種で、妊活成分としても重要です。鉄分は血液中の赤血球内にあるヘモグロビンの材料なので鉄分が足りないと血液が不足し、鉄欠乏性貧血という貧血になってしまいます。女性は生理が来ると大量の血液が体外に排出されるため、鉄分不足に陥りがちです。血液が足りないと体内に酸素を運ぶ働きの赤血球も不足し、血の巡りが悪くなり、身体を健康に保つことが出来ません。妊活中は母体である女性の健康状態がとても大切なので鉄分は不足しないよう心掛けたい成分です。妊活サプリを選ぶ際は、鉄分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

H4:妊活成分8・カルシウム
カルシウムは骨を形成するミネラル成分です。骨や歯を形成するだけでなく、妊活にも欠かせない栄養素の一つです。カルシウムには神経の興奮を抑え、イライラするのを防ぐのでストレスの緩和に役立ち、母体である女性の身体を健康に保ちます。また、鉄の代謝を補助する作用があり、血液を作るのにも役立ちます。妊活サプリはカルシウムも配合されているものを選ぶようにしましょう。

[葉酸/マカナサプリ]妊活サプリマカナとベルタ葉酸サプリをメリット・デメリット・料金で比較

マカナはマカを主成分とした妊活サプリです。ベルナ葉酸サプリは葉酸を主成分とした葉酸サプリです。どちらも健康を考えて成分を配合してありますが、メリット、デメリットがあります。二つのサプリのメリット・デメリットを比較していきたいと思います。

 

妊活サプリマカナのメリット

妊活サプリであるマカナの特徴は主成分が日本産100%マカということです。マカは疲労回復・滋養強壮・精力増強・精子量の増加・質の向上・運動率の向上など妊活に最適な栄養素の一つです。マカはペルー原産の植物なのでペルー産など海外輸入品が多いですが、マカナに入っているマカは100%日本産なので安心して飲むことが出来ます。

 

H4:マカナサプリのメリット1・日本産100%マカ配合で高い妊活効果がある
マカナサプリのメリットは日本産100%マカ配合で高い妊活効果が期待できるということです。ミネラルの宝庫である日本産マカを高配合しているため妊活成分が豊富に含まれていて、妊活効果が期待できます。ペルー産のマカでも栄養は取れますが、やはり輸入品のイメージとして品質や状態に対して不安な声もあるため、日本産マカを配合していて安心して飲むことが出来るマカナサプリを妊活におすすめします。

 

H4:マカナサプリのメリット2・高齢妊活に効果的な成分を豊富に配合
高齢妊活ではミトコンドリアの活性化が重要で、細胞内にあるミトコンドリアの活性化には、コエンザイムQ10やα-リポ酸の摂取が有効です。マカナにはミトコンドリアを活性化させる効果のあるコエンザイムQ10やα-リポ酸が配合されています。また、高齢妊活では卵子・精子の老化や劣化を防止するため、抗酸化作用の強い成分を摂取する必要があります。
マカナには抗酸化物質として体内で作用するビタミンE ビタミンCを豊富に配合しているため、高齢妊活に効果があると言えます。

 

H4:マカナサプリのメリット3・妊活8大成分が全て含まれている
妊活サプリであるマカナには妊活に必要な妊活8大成分のビタミンB6、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類、亜鉛、鉄分といったミネラル、カルシウム全てが含まれています。どの成分も妊活には欠かせない栄養素なので、妊活は積極的に摂取したいため、8個全てが含まれているマカナサプリは妊活にオススメです。

 

妊活サプリマカナのデメリット

妊活サプリマカナのデメリットとしてあげられることに、「妊娠中や授乳中は推奨されていないことから妊娠中の葉酸補給のために、他の葉酸サプリを買う必要あり」ということがあげられます。マカナは妊活に適したサプリではありますが、妊娠中はマカよりも葉酸を多く摂取したほうが良いとされているため、葉酸がしっかり配合されている葉酸サプリをお勧めします。

 

H4:マカナサプリのデメリット1・葉酸サプリに比べると料金が高い
マカナサプリのデメリットとして、他の葉酸サプリと比較して価格が高いということがあります。マカナには葉酸以外にも妊活に必要な様々な成分が多く配合されているため、通常の葉酸サプリと比較して、料金は割高になってしまうので長期間続けようとしたときにコストがかかってしまいます。

 

H4:マカナサプリのデメリット2・妊娠中や授乳中は推奨されていない
マカナにはメリットだけでなく、デメリットもあります。マカナは妊娠中や授乳中の摂取は推奨されていません。マカナは妊活サプリとして妊活に必要な成分をバランスよく配合してありますが、妊活に役立つ成分の一つであるマカはホルモンバランスを乱してしまう可能性があるため、妊娠中や授乳中のマカナの摂取は推奨されていません。

 

ベルタ葉酸サプリのメリット

ベルタ葉酸サプリは葉酸が主成分の葉酸サプリで、妊娠中や産後も安心して継続することができます。葉酸には造血作用・卵巣・子宮機能の向上ホルモンバランスの改善などの効果があります。妊活中・妊娠中・授乳中は、葉酸の必要量摂取を厚生労働省も推奨しているため、積極的に摂取したい栄養素です。葉酸が不足しないよう心掛けたいので、妊娠中や産後も安心して葉酸を摂取できるベルタ葉酸サプリはおすすめです。

 

H4:ベルタ葉酸サプリのメリット1・妊娠中・授乳中も安心して飲める
ベルタ葉酸サプリを摂取するメリットとして、「妊娠中・授乳中も安心して飲める」ということがあります。ベルタ葉酸サプリの主成分は葉酸で、妊娠中・授乳中にも葉酸は必須栄養素の一つです。葉酸を摂取することでホルモンバランスを整え妊娠中のお母さんの状態を安定に保ったり、造血作用により母乳の生成がはかどり、質の良い母乳を作ることが出来ます。なので、ベルタ葉酸サプリは妊娠中・授乳中に飲んでも安心なのです。

 

H4:ベルタ葉酸サプリのメリット2・美容成分が豊富で肌荒れに効果的
ベルタ葉酸サプリにはコラーゲン・プラセンタ・珊瑚カルシウム・ツバメの巣・ヒアルロン酸・黒酢もろみといった美容成分が豊富で、美肌効果や肌荒れに効果があります。肌のトラブルを改善したいときはベルタ葉酸サプリを摂取することは効果的と言えます。

 

ベルタ葉酸サプリのデメリット

妊活を行う場合、ベルタ葉酸サプリにはデメリットもあります。ベルタ葉酸サプリの主成分は葉酸であり、葉酸は一日に必要な推奨量を摂取できますが、妊活をしたり、妊娠中には葉酸のみを摂取しても妊活効果を得ることはできません。ビタミンB6・ビタミンB9(葉酸)・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類、亜鉛・鉄分などのミネラルやカルシウム、様々な必須妊活成分をバランスよく摂取することで、それぞれの栄養素の効果を複合的に摂取できるため、妊活成分がバランスよく配合されたサプリを選ぶことをおすすめします。

 

H4:ベルタ葉酸サプリのデメリット1・妊活成分が少なく妊活効果は期待できない
ベルタ葉酸サプリのデメリットとして妊活成分の少なさが挙げられます。ベルタ葉酸サプリなので葉酸を主に配合してあるため、葉酸は摂取することが出来ますが、妊活には様々な栄養素が必要不可欠なので、妊活成分が少ないサプリを選んでも妊活効果は期待できません。妊活サプリを選ぶ際は、妊活に必要な栄養素がバランスよく配合されたものを選ぶようにしましょう。

 

H4:ベルタ葉酸サプリのデメリット2・定期コースは途中解約ができない
マカナの公式サイトはこちら
ベルタ葉酸サプリは定期コースで申し込むと割引価格で購入できるのでお得です。しかし、定期コースの申し込みをすると6ヶ月間は途中解約ができません。もし途中で「効果を感じられない」「ほかの妊活サプリも試してみたい」「服用してみたが、身体に合わなかった」などの理由で解約したくなったとしても解約することが出来ず、6か月分の料金を支払わなければなりません。妊活サプリマカナは、定期コースの申し込みでも2回目以降はいつでも自由に解約することができます。様々な理由から定期コースを解約することがあるかもしれないので、妊活サプリを選ぶときは、解約が自由にできるものを選んだほうが安心です。

 

妊活サプリマカナとベルタ葉酸サプリを料金で比較

マカナの公式サイトはこちら

 

H3:妊活サプリマカナと葉酸サプリの成分比較
マカナの公式サイトはこちら